名前の最後に“平 ”の文字のある共通点を持った芸術家達。2010年1月に開催される展覧会までの軌跡を綴るブログです。
by hey2009
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
搬入〜開催前夜
1月21日・22日搬入 開催前夜
(事後報告ですがお送りします)

21日午前9時半。小雨まじりなお天気のもと、搬入・展示作業が始まりました。
会場で組み立てる作品のさんはフライング気味で会場入り。同じアトリエ仲間もお手伝いで心強い体制。
 午前中は鎌田さんが後輩作家のH岡君と、重本さんはお母様とお姉様と車で搬入。重本ご一家は実家の樟葉から。ご苦労様です。気がついたら新岡さん、山田さんも到着して、それぞ設営・展示。私も展示台を運んだり作品の配送受付をしたり、一日中会場内を行ったり来たり。
お昼からは河合さんが学校の生徒さんと、佐野さんも大学の後輩を連れて搬入。先生・先輩の特権が活きてます(笑)作家それぞれ身近な人たちに支えられているんですね。慌ただしい中にも人の優しさに心温まりました。


 後半戦22日は、前日のメンバーに加えて、岐阜から大久保さん、綿引さん、君平さん、上硲さんがそれぞれ到着。若手といっても皆さん熟(こな)れてるのでサクサク展示をしていきます。
でも、困ったのは照明。蛍光灯の玉切れがあり、小学校事務局のスタッフに掛け合うも、『老朽化してるから新しい蛍光灯を入れても点灯しないかも・・・・』ーーーーーということでクリップライトを設置したり、君平さんは独自にLEDライトで粋な演出。
 設営も佳境に入るころ、私は正面玄関用の立て看板を廊下で作成。白布に墨で「」の一文字。久々のお習字は緊張します(汗)みんなから『いかつい!』て言われたけど、“男な展覧会なんだからいかつくて良いやん!”って開き直り。終了予定時間を大幅に越えて午後6時前になんとか終了。照明の手直しは明日会場前にということに。
 小学校を後にした私は「まちくさワークショップ」の広報に近隣の小学校へ。そしてキャプションの作成へ、デザイン担当の平塚氏(このブログサイトは彼が作成しています)のお宅へ走り、キャプションの確認と印刷。帰宅したのは11時過ぎでした。

f0202746_10425316.jpg

f0202746_10433225.jpg

f0202746_10435166.jpg

※写真は、展示作業中の河合さんの生徒さんたち。(上)
糸を張ってる最中のさん。脚立から降りたところを撮影。(中)
重本さんの展示室にある黒板のチョーク入れ。(下)左側のさびしんぼな青チョークにツボがハマりました(笑)
[PR]

by hey2009 | 2010-01-22 23:48 | 平展情報
<< 平展 開催ーーー!!!!! 『自宅から美術館へ 田中恒子コ... >>