名前の最後に“平 ”の文字のある共通点を持った芸術家達。2010年1月に開催される展覧会までの軌跡を綴るブログです。
by hey2009
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
「平」終了
午後20時。展覧会「平」が終了しました。
最終日なのにあいにくの雨。にもかかわらず、多くの方々がご来場くださいました。みなさま、寒い中本当にありがとうございます!会期の9日間は決して長期間では無かったけど、作家さんのお知り合いからフラリと来られたご近所さんまでいろんな方に支えられました。雑誌や新聞に取り挙げて頂いたのも大きいと思います。(ライターのFさん、Iさんありがとう!)
平塚さんには、展覧会のチラシやブログサイトなどのデザインワークで展覧会を演出してくださって、アドバイスも頂いてお世話になりっぱなしでした。

そして、作家の皆様、いつもの展示とは勝手の違う学校という場でしたが、素敵な作品を展示してくださいました。

展覧会にかかわった全ての皆さんに、ありがとうございます!!
[PR]

# by hey2009 | 2010-01-31 23:51 | 平展情報
「まちくさめぐり」ワークショップ
f0202746_23494454.jpg


31日(日曜日)午前10時。展覧会最終日の今日は、朝から重本さんによるワークショップ「まちくさめぐり」です。重本さんは「まちくさ博士」として白衣姿で登場。ワークショップを進行します。小雨が気になる中、少人数体制で木屋町通りをまちくさめぐり。デジタルカメラ片手に、気になる草たちの姿を追いかけます。
路地の片隅や木の根の間、高瀬川の石垣やらあらゆる隙間からミドリがひっこり。
思い思いの名前を草たちにつけて撮影します。最初は慣れないのですが、数を重ねれば面白い草に出会い粋なネーミングが出来てきます。雨が降るのも関係なく、それぞれ方々に散らばって、小1時間ほど木屋町の通りを散策しました。
 散策の後は撮影した写真を見ながら、各自のまちくさを発表です。同じ様な生え方の草でも人それぞれ違う名前がつけられて、個性が感じられました。1つのまちくさに色々コメントが寄せられて、改めて生き物の面白さを知りました。ワークショップの締めは、まちくさ博士から「まちくさバッチ」をプレゼント。大人ながら嬉しいものです。「まちくさめぐり」は年齢関係なく、街歩きのお遊びになるんですね。まちくさ博士、ありがとうございました!
[PR]

# by hey2009 | 2010-01-31 23:50 | 平展情報
明日は最終日
なんだかんだ1週間て、早いのですね。(これは歳のせいではないよね)
先週の今頃は展覧会初日でバタバタしていたのに。これから寒さとの闘いかぁ、っと少しビクビクしていたのに。明日で終了なんですね。でも、その分多くの方達に楽しんでもらっています。受付の芳名帳の紙束の厚みと記帳用のペンのインクの減り具合、チラシがもう無い(ゼロ〜!)ことが証明してます。作家さん個々のネットワークと、手に取りたくなる素敵なチラシ、そして皆さんの「行ってみよう」の気持ちが功を奏してます。
※チラシ作成担当の平塚さんは名前の方にも“平”がつきます。(チラシの下の方に記載してます)形は違うけど彼のデザインしたチラシも作品の一つです。
[PR]

# by hey2009 | 2010-01-30 23:55 | 平展情報
トークイベントやってみて・・・・・
f0202746_0221421.jpg


30日土曜日、お天気も上々の午後3時。会場3Fの自彊室(じきょうしつ)にて
作家さんとご来場者の皆さんでトークイベント(というよりは座談会の雰囲気)をしました。作家さんと来場者で話をするというのは有るようで無かったり。
今回は広ーい畳の広間に座布団で輪になって、それぞれが日常で思うこと、世の中に感じてることなどをアートと絡めて(?)話しました。参加してくださった作家さんは、君平さん、大久保さん、山田さん(皆さん遠方から参加組・・・ありがとうございます!!)
始まった頃はちょうど来場者の足が途切れる時間帯に入ったのか、極少人数で、話も盛り上がらなかったのですが(司会進行が上手くさばけなかったのも・・・・)、2、3人ずつ増えてきて、試し試し訊いてみたら、もの作りをされてる方、志してる方もいて、意外と皆さん自分の考えを語って頂きました。世の中上手くいかないことが多いけど、みんなそれなりに前向きに考えているんだなと背筋を正す想いでした。暗いことが起きてるけど、心持ちはまだ明るくあろうと思っていて、励まされた気分でした・・・・・

明日は朝10時から、重本さんの「まちくさめぐり」ワークショップです。
リフレッシュを兼ねて、草たちの元気を貰ってきます!
当日参加もOKです。童心にかえれますよ。
[PR]

# by hey2009 | 2010-01-30 23:54 | 平展情報
展覧会が紹介されました
奈良のギャラリーaaLaboのディレクターやまもとあつしさんが先日会場に来られて、
ご自身のブログサイトに展覧会の紹介をしてくださいました。
とっても細やかに展示を見てくださっているのが分かります。
今年は奈良県は遷都関連のイベントで盛り上がっています。
やまもとさんもその一端に関わっておられるので、サイトからいろんな情報がチェック出来そうですね。
ぜひ下記のサイトへどうぞ。

移山倒海 藝育ディレクター・やまもとあつしのブログサイトこちら
[PR]

# by hey2009 | 2010-01-29 22:45 | 平展情報
受付だより 3
 今回の展覧会では各会場に作家お手製の“平はんこ”を用意しています。これは作家の名前に共通点がある展覧会であることに因んで、各作家に自身の名前を彫ってもらいました。それぞれオリジナル溢れるデザインです。インクの色も作家がチョイス。ご来場頂いた皆さんには、作品を見ながらスタンプも集めれるスタンプラリーでお楽しみ頂いてます。11人の作家のスタンプのうち2点をご紹介します。
赤い薬莢は君平さんの。(実は横並びに連続スタンプ出来ちゃいます) f0202746_22152470.jpg

不思議な生き物みたいなダークブラウンは、河合さんの。本人曰く作品に因んでクラゲと「晋」の字を組み合わせたそうです。
f0202746_22162955.jpg


 「平」がつく名前のことで、作家のT橋さん(この人も名前の方に平がつくのですが)から、こんな情報が。
「“平”がつく人は1970年代後半以降の生まれで、両親は公務員であることが多い、という統計が上がっているそうですよ」・・・・・本当かなぁなんて思って、今回参加の作家さんに聞いてみたら、「僕の親、公務員です!」って、大方該当しました。
そんなことってあるんですね。
[PR]

# by hey2009 | 2010-01-29 22:18 | 平展情報
受付だより1・2
受付だより 2
 
 受付は開場の正面玄関を入ったところ、職員室の手前でしているのですが、玄関からの冷たい風で吹きっさらし(ブルブルッ)。寒さとの戦いではあるけれど、訪れたご来場者の方との何気ない語らいで気がまぎれます。
作家さんも仕事の合間をぬって立ち寄ってくださいます。作品の撮影やお友達を会場案内したり、受付を離れることが出来ないので作家さんたちのサポートに感謝。本当は全作家が会場に詰めていたいのですが、各自仕事やら学校やらでそうもいかず。本当に申し訳ないです。
 そんな中、東京から参加してくださってる山田心平さんは、会期中は京都に滞在なので、毎日のように会場にやってきてお話ししてくださいます。京都の馴染みのお店やギャラリーのこと・・・・。作品同様、柔らかな語り口に癒されます(ほっこり)。
 月曜日は河合晋平さんが撮影に、重本晋平さんは受付のお手伝いに来てくださいました。山田心平さんを加えて「トリオ“しんぺい”」。会場見学の時の「W(ダブル)晋平」以来の記念撮影。おちゃめなスリーショットです。


f0202746_929658.jpg




受付だより 1

 盛況でめまぐるしかった週末から一転して今週月曜日からは、お天気も関係して人足はまばらになり、のんびり丁寧に受付対応をしています。
会場の照明の点灯や展示場所のドアの開け閉めをしつつ、「ああ、今日も元気だね。よろしくね」と作品たちを眺めては色々な発見をしています(やっぱり作品は子供のように愛おしいです)。
 平日の来場者は控えめながらも、作家さんのご家族や職場での友人、同級生など遠方からご来場下さる方々が多く見られます。作家さんへの愛が感じられますね。皆さんの優しさに「ジーン」とします。お祝いのお菓子や差し入れありがとうございます(重本さんのお姉様のお手製カステラ美味でしたぁ)。
[PR]

# by hey2009 | 2010-01-28 09:30 | 平展情報
平展 開催ーーー!!!!!
f0202746_11582045.jpg

f0202746_11335294.jpg

2日間の搬入を経て、なんとか本当になんとか無事にオープンを迎えた23日。
開場30分前からしか関係者も入れない事情上、直前の詰めの作業(キャプションの設置や芳名帳の準備やら)にバタバタ。内心「しょっぱな13時からお客さんは大勢は来ないよね・・・・」とか少しの不安とこれまでの経験で思っていたものの、意外にもこの寒空に関わらず、多くのご来場者が途切れることなくおいで下さいました。17時からのレセプション、そろそろ準備しなくちゃな〜と思っていた16時頃、事前に取材依頼をされたアートプロデューサーのN野氏がご来場。申し訳無く感じながら作家の君平さんに買い出しをお願いすることに。(そんな訳で、終始バタバタしていた為、記録写真が撮れませんでした。ごめんなさい。文字情報で想像してください)

取材を受けたり、他のご来場者のお相手をしている間に時間は押し押し。レセプションのスタートは17時を30分は回っていたかも。また、コレクターのT氏からコロッケやサラダの差し入れを頂き、おつまみは豪華になりました。(Tさん、ごちそうさまです!)おかげさまでレセプションも多くの方にご参加頂いて盛況に終わりました。ギャラリーのオーナーさんたちもおいで下さったので、作家さんたちとの交流も生まれました。色々な方との交流が、次に繋がっていけば幸いです。

今週土曜には作家を交えてのトークを予定しています。来場者の皆さんとざっくばらんにお話したいなと思います。お気軽にお越し下さい。
日時:1月30日 15:00〜
[PR]

# by hey2009 | 2010-01-23 23:41 | 平展情報
搬入〜開催前夜
1月21日・22日搬入 開催前夜
(事後報告ですがお送りします)

21日午前9時半。小雨まじりなお天気のもと、搬入・展示作業が始まりました。
会場で組み立てる作品のさんはフライング気味で会場入り。同じアトリエ仲間もお手伝いで心強い体制。
 午前中は鎌田さんが後輩作家のH岡君と、重本さんはお母様とお姉様と車で搬入。重本ご一家は実家の樟葉から。ご苦労様です。気がついたら新岡さん、山田さんも到着して、それぞ設営・展示。私も展示台を運んだり作品の配送受付をしたり、一日中会場内を行ったり来たり。
お昼からは河合さんが学校の生徒さんと、佐野さんも大学の後輩を連れて搬入。先生・先輩の特権が活きてます(笑)作家それぞれ身近な人たちに支えられているんですね。慌ただしい中にも人の優しさに心温まりました。


 後半戦22日は、前日のメンバーに加えて、岐阜から大久保さん、綿引さん、君平さん、上硲さんがそれぞれ到着。若手といっても皆さん熟(こな)れてるのでサクサク展示をしていきます。
でも、困ったのは照明。蛍光灯の玉切れがあり、小学校事務局のスタッフに掛け合うも、『老朽化してるから新しい蛍光灯を入れても点灯しないかも・・・・』ーーーーーということでクリップライトを設置したり、君平さんは独自にLEDライトで粋な演出。
 設営も佳境に入るころ、私は正面玄関用の立て看板を廊下で作成。白布に墨で「」の一文字。久々のお習字は緊張します(汗)みんなから『いかつい!』て言われたけど、“男な展覧会なんだからいかつくて良いやん!”って開き直り。終了予定時間を大幅に越えて午後6時前になんとか終了。照明の手直しは明日会場前にということに。
 小学校を後にした私は「まちくさワークショップ」の広報に近隣の小学校へ。そしてキャプションの作成へ、デザイン担当の平塚氏(このブログサイトは彼が作成しています)のお宅へ走り、キャプションの確認と印刷。帰宅したのは11時過ぎでした。

f0202746_10425316.jpg

f0202746_10433225.jpg

f0202746_10435166.jpg

※写真は、展示作業中の河合さんの生徒さんたち。(上)
糸を張ってる最中のさん。脚立から降りたところを撮影。(中)
重本さんの展示室にある黒板のチョーク入れ。(下)左側のさびしんぼな青チョークにツボがハマりました(笑)
[PR]

# by hey2009 | 2010-01-22 23:48 | 平展情報
『自宅から美術館へ 田中恒子コレクション展』の図録のご紹介
f0202746_23432139.jpg

参加作家の作品も掲載!『自宅から美術館へ 田中恒子コレクション展』の図録のご紹介

昨年秋に和歌山県立近代美術館にて、関西を代表するコレクター・田中恒子氏のコレクション展、『自宅から美術館へ 田中恒子コレクション展』が開催されました。展覧会には、平作家の河合晋平さん、君平さんの作品もコレクションの一つとして出品されました。その展覧会の様子、展示された全作品の情報が収められた図録が発行されました。個人のコレクションにとどまらず、この20年の日本のアートシーンを代表する作品が網羅されています。
会場でもご覧頂けるように受付に設置します。また、ご購入をご希望の方も承ります。

価格:¥2,500 (A5サイズ・クリアケース入り・蛇腹タイプの素敵な一冊です)
[PR]

# by hey2009 | 2010-01-21 23:44 | 作家情報